はがねブログ

嫌なら会社は辞めていい。『自由な生き方』を手に入れる為の思考をあなたに。


『HSP3.0』の世界へ

 飲食店で注文する時、

店員を呼んでから悩みだすやつ。

 

「絶対ありえない」

 

店員にも迷惑かかるし、

しっかり決めてから呼べよ!

 

そんな考えを抱くのはHSPだからかもしれない。

 

ちなみに私もめっちゃ共感できて、

スタバのようなレジで注文するタイプの店では、

特に意識してメニューを決めてからレジに近寄ります(笑)

 

敏感にもほどがある

そういうHSPあるあるが詰まった本を読みまして、

面白かったので紹介します。コチラです。

 

敏感にもほどがある

敏感にもほどがある

 

 

・先のことをあれこれと考える

・職場にいるだけでエネルギーがやたら消耗する

・話しかけられたり見られていると集中できない

・個人的な感情より不公平、不公正な状況に怒る

 

やたら当てはまることばかりで、

自分のHSP具合を再認識させられました。

 

そんなHSPに対し、

「考える前にとにかく行動!」

「ぶつぶつ言ってないでさっさとやれ!」

とか言われても無理なもんは無理なワケです。

 

この本の中でも語られていますが、

HSPは人類の種の保存、リスク回避の為の個体であるということ。

 

つまりは超保守的な考えを持つことで、

全滅を防ぐ役割って感じ。

 

それは当人が生きやすくなる為のものではなく、

勝手に割り当てられた貧乏クジみたいなものではないか?

その表現がメチャメチャしっくりきましたね。

 

自分の手で変えるしかない

だからといって、弱音とか吐いてる場合じゃなくて、

生きづらいなら何らかの戦略を持つしかないんですよ。

 

しんどい、辛いとか言ってても誰も何もしてくれないし、

愚痴ばっか言ってたら負のループへようこそ状態。

 

 性質上リアルタイムの対応力向上は難しいかもしれない、

でも思考の根本を変えることはできる。

さらにネットを使えば人に合わずとも仕事もできる。

 

優しくて、周りに気を使えて、

そんな人がどんどん疲弊していってるのも悔しいんですよ。

 

HSP系の書籍とかって、こういう個性だからしょうがない、

受け入れることで少しでも楽になればって感じが多いです。

 

でもそれでは現実問題何も変わらない。

もっと反抗的に、もっと攻めるべき。

 

そんな『HSP3.0』が活躍できる世界を目指して、

今後も活動していきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE@でも発信してます。

共感してくれた人は仲間になりましょう。

 

f:id:haganes:20180504182021j:plain(もちろん無料です)

IDで検索する場合はコチラ→@qxg9127e