はがねブログ

嫌なら会社は辞めていい。『自由な生き方』を手に入れる為の思考をあなたに。


あなたが生きづらいのは『HSP』のせいかもしれない

 f:id:haganes:20180925171148j:plain

 

『HSP』ってやつはどうしても社会でストレスを受けやすい。

 

自分でいえば、「歯医者の予約の電話」。

たかがこんなことでも神経をすり減らすこともある。

 

これが学校や会社での発表、スピーチとなった場合、

 受けるストレスときたら尋常ではない。

 

こういった話を聞いて思い当たる節がある場合、

あなたもHSPかも知れない。

→診断はこちらのサイトで「The Highly Sensitive Person」

 

ぶっちゃけHSPは社会で生きていくにはしんどいです。

不利なフィールドで無理して競い合うより、

さっさと戦略的撤退してしまった方がいいと思ってます。

 

何故なら世の中には、

「ストレスをストレスと感じない人」がいるから。

 

HSPが苦痛と感じるようなストレスでも、

ほどよい刺激、それどころか退屈と受け取る人がいるんです。

 

どっちがどうとか言うことではなく、

そこには差異があるということ。

これは圧倒的に分が悪いです。

 

とは言えやってみなければ分からないってことで、

クレーム対応という負荷が高い仕事に挑んだことがあります。

案の定、ストレス地獄!そりゃそうだわなと言う結果に(笑)

 

そんな経験を経て、ネットビジネスに活路を見出し、

ストレスとはおさらばすることを選びました。

 

ずっと我慢して、気づけば人生終わってたとか嫌ですからね。

明日会社に行くのが死ぬほど嫌だと考えているなら、

他の選択肢もあることを知ってください。

 

PS

前回の記事を読んでくれた友人達がHSP診断をしてくれました。

 

当てはまる項目が14以上でHSPと言われており、

ちなみに私は22項目というバリバリのHSP気質。

それに対し、友人達は当てはまるのが1つ、2つという結果に。 

 

私が悩むことも、彼らからすれば、

「そんなこと気にせんかったらええやん」って感覚だそうです。

これがいわゆる埋められない感覚の差異ってやつです。

 

自分の常識は他人にとって常識ではないってことですね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINE@限定の配信もあります、ぜひ登録を!

 

f:id:haganes:20180504182021j:plain(もちろん無料です)

IDで検索する場合はコチラ→@qxg9127e