はがねブログ

嫌なら会社は辞めていい。『自由な生き方』を手に入れる為の思考をあなたに。


⏩【糖質は悪】我慢したくない人が食べるべき商品 その②【ダイエット】

こんにちわ、はがねです。

糖質悪生活を初め、今で4キロほど痩せました。

夏も近いということで軽いウォーキングもしてるのであしからず。

 

今朝は前回紹介したナッツを食べながら記事を書いています。

 

ちなみにローソンで購入、

アーモンド、くるみ、カシューナッツが入っているもの。

35gで糖質4g、お値段ちょいと高めの200円強です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて前回はナッツ&あたりめを紹介させて頂きましたが。

結局の所、糖質制限でキツいのは甘い物が食べられない所。

 

ケーキや甘い飲み物はあくまで嗜好品であり、

飽食の現代では、悲しいかな全く摂取する必要のないものです。

 

ですが、こちとらそれを百も承知で

糖質というドラッグに侵されているワケです。

 

タバコや酒のように辞めたくても辞められない。

私はどちらもやらない分、スイーツに対する依存は人一倍でした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

そこでぜひ紹介したいスイーツがコレ!

森永 おいしい低糖質プリン(カスタード)!!!

 

これは個人的に激推し商品です。

微妙にマイナーチェンジを繰り替えしているようですが、

手元の商品では内容量75gあたり71kcal、そして糖質3.5g

 

は!?

たった3.5gだと!?

 

 これは恐ろしく異常事態であることを説明するため、

他の商品と比較させて頂きたい。

 

同じく森永より発売されているタニタ食堂シリーズのプリン。

内容量85g、100kcalでいかにもヘルシーであろうパッケージ。

 

しかし!肝心の糖質は炭水化物14.8g

炭水化物=糖質+食物繊維である。

※おいしい低糖質プリンは食物繊維0.2gを除いて糖質3.5g

 

通常販売されているプリンに関しては、

内容量75g換算で少なくとも糖質10gは確実。

 すぐれた低糖質デザートというのがご理解頂けるはずだ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

で、やはり気になるのがお味。

 

プッチンプリンのようなゼリー感は抑えられており、

しっかりとカスタードのコク、甘みがあり美味い。

 

量が少ないと思えば、

最悪2個食いしても糖質7g。

 

欠点をあげるならば、

カラメルソースが無いという所だ。

 

救済策として抹茶バージョンも存在する。

 しかし個人的に抹茶味は微妙。

圧倒的にカスタードを推奨させて頂きたい!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんなにもオススメしている神プリンなのだが、

私のまわりでは非常に入手が困難である。

 

近所にはスーパーやコンビニは乱立しているが、

売っているのはとあるスーパー1軒のみ。

いつ仕入れなくなるかとヒヤヒヤしている。

 

しかし、

いざとなればamazon先生でケース買いも辞さない覚悟だ。

 

 

 こちらの公式ページには糖質に関する恐ろしいデータが紹介されている。

ぜひチェックしてネガティブダイエットに役立てて欲しい。

参考:ご飯一膳=おいしい低糖質プリン15個分

 

 

ぜひ皆様にもこの神プリンを召し上がって頂きたい!

というワケでまだまだ続きます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここからは余談。

 

 上記の森永のサイトをみて頂ければ、

辻口シェフという人物が紹介されていると思います。

 

f:id:haganes:20180517094624p:plain

辻口シェフ推奨!

 

私が愛飲しているボスのラテベースシリーズにも…

f:id:haganes:20180517095338j:plain

辻口シェフ絶賛!

 

ちなみに以前、サービスエリア巡りをした時の写真にも…

f:id:haganes:20180421195138j:plain

辻口シェフを探せ!

 

食に興味がある人であれば、

絶対に見たことがあるはず。

 

いろんな商品とコラボされており、

監修、推奨、絶賛しまっくているこの方。

少なくともこの1年で20商品くらいは見た気がする。

 

どこにでも現れて非常に気になっているので、

気が向けば特集したいと思ってます、という余談でした。