はがねブログ

嫌なら会社は辞めていい。『自由な生き方』を手に入れる為の思考をあなたに。


コインチェック事件について当事者が語る

こんばんわ、はがねです。

 

2018年1月26日。

日本の大手取引所Coincheckにて、

580億円相当の仮想通貨NEMネム)』が流出。

(正しい通貨名はXEM(ゼム)といいます。)

 

何を隠そう、私もコインチェックユーザーであり、

事件当初に円換算で数百万分ほどの通貨を保有していたのだ。

 

まさにこの騒動に巻き込まれたユーザーとして、

今更ではありますが、思いの丈を語っていこうと思います。

 

 

 

年始に、ほとんどの通貨が最高値をつける中、

出川哲朗を起用しCMを打ち出すコインチェック

これを期に仮想通貨に手を出した人は多いのではないだろうか。

 

そんな最中、1月中旬からの価格暴落、その後の流出事件発生。

後に『出川ショック』の汚名を着せられる悲惨な結果に。

 

世間ではマウント・ゴックス事件よろしく、仮想通貨は終わったという感想。

出川組と呼ばれる新規参入勢は、騙されたと早々に退場。

 

これ以降、現在に至るまで市場は低迷。

世間でもイメージが悪いものになってると思います。

 

その点はぶっちゃけ仕方ないのですが、

下げている時こそチャンス、底を狙って参入するのが吉かとは思います。

 

さて。

そもそも今回の事件、一番悪いのは間違いなく"ハッカー"です。

 

もちろん、ずさんな管理体制だったコインチェックに問題はありますし、

個人のセキュリティ対策について考え直すいい機会になりました。

 

取引所に預けたままにしておかず、

個人でハードウェアウォレット等に保管して置かなかったことに対し、

"自己責任"と強く批判される場面も多く見られました。

 

 仰る通りではありますが、

安全性は担保される反面、利便性は失われてしまうのも事実。

取引所には顧客資産の保護を最優先に取り組んで頂きたいものです。

 

 

NEMは少額保持していましたが、先日無事に日本円で還元されました。

強制利確となる為、大口NEMホルダーだったら発狂もんですよね。

資産強制ホールドも、ガチホ勢なので大きな被害はありませんでした。

 

さて、本件で信頼性が失墜したコインチェックですが、

現状、売買や出送金も再開され、

徐々に通常営業に戻りつつある状態です。

 

個人的にも参入当初より使用しており、

アプリも使いやすく、国内ではメイン取引所として利用しています。

掲示板を彷彿とさせるようなチャットが大好きだったりします。

(日付変更と共にチャットボーナスに群がる輩の1人でしたw)

 

 本件を経て良い方向へ改善される事を願って、

今後も使い続けるつもりですし、応援したい取引所です。

 

↓そんなコインチェックへの登録はコチラから!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

アフィリエイトリンクですが、事件以降停止中ですw 

 

LINE@限定の投資、ICO情報などもシェアしていくので、

↓からぜひ登録お願いします!

LINE@で友達登録

ID検索:@qxg9127e